プロの声優を目指している方たちの多くが、専門学校で学ぼうとしていますが、どのような授業が行われているのか知りたい方は多いでしょう。

実際に、授業で学ぶ内容を知っておけば、入学する前から、プロになるために必要なスキルを把握する事ができます。

そこで、プロの声優になりたい方たちのために、どのような授業が行われているのか解説するので、確認してみて下さい。

声優専門学校の授業の内容

声優専門学校では、様々なスキルを指導しているので、短期間のうちにスキルアップする事ができます。

そのため、今までレッスンを積んでこなかった方でも、プロを目指す事は十分に可能なので詳しく紹介しましょう。

発声練習

プロの声優になるためには、視聴者に聞き取りやすいように喋る事が重要です。

普通に発声していたら、滑舌が悪くなってしまう事もあれば、長く喋り続ける事も難しいです。

そこで、多くの声優専門学校では、滑舌の練習や腹式呼吸を行なっています。

腹式呼吸とは、息つぎをしないで長いセリフを読めるように、肺の中に多くの空気を吸い込んで、一定の量で吐き出しながら発声する方法です。

腹式呼吸や滑舌の練習をしておけば、プロのなるために必要なスキルを習得できるので、専門学校で学んでみる事をおすすめします。

ストレッチ

高校を卒業して、声優専門学校へ入学したら、体を動かす必要がないと思っている方は多いかもしれません。

ところが、ストレッチや筋力トレーニングを行っておかなければ、力のある声を出す事が難しい場合もあるのです。

スポーツ関連の専門学校ほどのトレーニングをする訳でもないので、体力があまりない方でも、気軽にレッスンを積む事は可能です。

それでも、ストレッチや筋力トレーニングをする事ができるのか心配な場合には、入学する前から、自宅でストレッチや筋力トレーニングしたほうが良いでしょう。

朗読

発声練習しておけば、声優としてのスキルを多く習得できたようなものですが、キャラクターの感情を上手く表現できなければ、プロとは言えません。

そのため、声優専門学校では『朗読』する事によって、滑舌・発声だけではなく、感情表現まで学ぶ事ができるのです。

実際に、滑舌や腹式呼吸であれば、独学でも、ある程度まで練習する事はできます。

しかし、講師から指導してもらわなくては、上手く感情表現できているのか分かる事は難しいので、専門学校で学んでみる価値があります。

ボイストレーニング

日本は、欧米諸国に比べたら男女平等が進んでいないと言われていますが、女性が活躍している職業が注目されているケースは多くあります。

実際に、女性アナウンサーや女性の声優たちは、アイドルのように注目されている方は多いのです。

そのような事もあって、最近の声優は、CDデビューする場合もあれば、ライブをする場合もあるのです。

専門学校では『ボイストレーニング』を行っているので、CDデビューやライブなどをする時に役立ちます。

デビュー活動の選択肢が広くなる授業

声優専門学校では、デビュー活動をする際に、選択肢が広がる授業も行なっています。

あまり声優には、関係がないように感じてしまう授業に見えるかもしれませんが、選択肢を広げるメリットは大きいので、詳しく解説しましょう。

ダンス

声優専門学校の多くが『ダンス』の授業を取り入れています。

ダンスを行えば、体をある程度まで鍛える事ができるので、力のある発声を行う事ができるので、プロの声優を目指している方にとってメリットがあります。

さらに、ダンスのレッスンを積んでおけば、仮に声優になれなかったとしても、違う職業で役立つ事も可能です。

最近の声優たちの中には、声を吹き込むだけではなく、ダンスの仕事を受けている方もいるので、仕事を多く引き受けたい場合にはダンスも覚えておいたほうが良いです。

ナレーション

最近の漫画では、ナレーションが入る事は少なくなってきましたが、それでもナレーションの仕事は多くあります。

声優専門学校では『ナレーション』の授業も行なっている所が多くあるので、卒業した後はナレーションの仕事を引き受ける事も可能です。

仮にプロの声優になれたとしても、声を吹き込む仕事が少ない場合には、収入が少なくて生活をする事が難しくなってしまいます。

そのため、少しでも収入を増やしておきたい場合には、ナレーションの授業を受けておいたほうが良いでしょう。

専門学校を選ぶ際のポイント

声優専門学校の授業内容を理解できてもらえた所で、次に、専門学校を選ぶ際のポイントを紹介するので、声優を目指している方は参考にしてみて下さい。

また、以下のサイトも専門学校選びに役立ちます。

参考:声優専門学校おすすめランキングはこちら

学校の設備

短期間でスキルアップできるかのようなカリキュラムが用意されていても、設備が充実していなかったら、短期間のうちにスキルアップする事は難しいです。

そのため、専門学校を選ぶ際には、授業内容だけではなく、どのような設備を完備しているのか把握したほうが良いです。

注目すべきポイントとしては、アフレコをしやすい設備が完備しているのか確認しておきましょう。

ここの設備が充実していなかったら、声を吹き込む事が難しくなるので注意して下さい。

通学しやすい環境

全ての方が注目したほうが良いという訳ではありませんが、遠くから通学する場合や、車を利用する場合には、学びやすい環境になっている専門学校を選んだほうが良いです。

実際に、自宅から遠く離れた所へ通学しようとしたら、練習時間を確保する事が難しくなってしまうので、通学時間の長さを把握しておいて下さい。

通学時間が長くなってしまう場合には、学生寮を完備している所を選んだほうが良いでしょう。

学生寮に入れたら、通学時間をカットする事ができるので、練習や勉強する時間を確保しやすいです。

そして、車で通学する場合には、駐車場を完備している所でなければ、駐車するだけでもお金をかけてしまうので気を付けて下さい。

授業で全てを学べない可能性

声優専門学校では、様々なスキルを指導してくれますが、全てのスキルを習得できる訳ではありません。

そこで、授業で習得できないスキルを覚えるためには、どうしたら良いのか紹介するので、みていきましょう。

現場で覚えるケース

声優専門学校を卒業した後に、プロになった場合には、現場で働きながら新しいスキルを習得しているケースがあります。

働きながら覚えていくので、恥をかいてしまう事もあり得ますが、どのような職業においても起こり得る事なので仕方のない所です。

実際に、授業で覚えるよりも、働きながら覚えたほうが習得しやすいので、専門学校で全てを覚えられなくても焦る必要はありません。

養成所で覚えるケース

声優専門学校で覚えられないスキルが多かったら、プロデビューした後に仕事を貰えるのか心配になってしまう方もいるでしょう。

そのような場合には、専門学校を卒業した後に、養成所で学んでみる事をおすすめします。

養成所は専門学校よりも厳しい指導法で行われている所が多いので、挫折してしまう生徒は多くいます。

しかし、専門学校で学んでおけば、挫折する可能性も低いので、今まで学べなかったスキルを習得する方法は有効です。

まとめ

声優専門学校の授業では、様々な事を学べますが、学校によっては学べる内容が違っています。

声を吹き込む授業だけではなく、ダンスやナレーションを教えている所もあるので、様々なスキルを習得したい場合には、しっかりと授業内容を把握した上で入学すべき所を選びましょう。

自分が納得できる専門学校へ入学できれば、有意義な時間を送る事ができるでしょう。

参考URL・参考文献・根拠など

http://www.pac-ac.jp/lecturer.html
http://www.大阪声優専門学校.biz/senmonseiyu/senmonjugyou.html
http://www.amgakuin.co.jp/contents/voice/column2/debut/become/school

関連記事