声優の専門学校は、事務所などが東京に多い事から東京におおくあります。

ですが、それがすべてというわけではなく、それ以外の地域にも専門学校はあります。

これらの学校は、東京にないからといって劣っているわけではありません。

力を入れている分野については東京にある学校よりも優れている場合もあります。

そんな東京以外にある専門学校の内、3番目に専門学校の数が多い福岡県にある学校を紹介していきます。

日本にある声優の専門学校

声優を目指している人の中の多くは、声優になるための専門学校はほとんどが東京に集中していると思っている方も多いのではないでしょうか。

そしてそれは事実です。

日本には全部で36の声優になることができる専門学校がありますが、そのうち16は東京にあります。

それ以外は、北海道に1、宮城県に1、栃木県に1、新潟県に1、愛知県に3、京都府に1、大阪府に6、兵庫県に2、愛媛県に1、福岡県に3となっています。

なおこれは、文部科学省から認可を受けている専門学校のみに限った数なので、認可を受けていない学校を含めるとさらに多くなります。

たくさんの学校があるため、東京がイメージされがちですが、それ以外の場所にある学校もそれぞれ負けない魅力があり、入学することで声優への道を開くことができます。

そこで今回は、福岡県にある3つの専門学校を紹介していきます。

九州ビジュアルアーツ

九州ビジュアルアーツは福岡市博多区にある専門学校です。

Adachi学園が母体となっていて、全国に18の姉妹校がある学校でもあります。

まずはこの九州ビジュアルアーツについて紹介していきます。

学科

九州ビジュアルアーツには、音響学科、ミュージッククリエイト科、放送・映画学科、CG映像学科、声優学科、写真学科、俳優学科の計7つの学科があります。

声優を目指している方はもちろん声優学科に入学することになります。

特徴

九州ビジュアルアーツの一番の特徴は、そのオーディションです。

年間を通して50社近くのプロダクションが学校に来校するため、東京にまで行かずとも大手プロダクションのオーディションを受けることができます。

また、2年次には東京研修が実施されます。

既に進路が決まっている場合には合格先のプロダクションでのワークショップなどもでき、在学中でも合格先での活動に繋がることができます。

2つ目は、姉妹校が多い事です。

全国に18の姉妹校があり、Adachi学園グループ主催の企業説明会なども開かれています。

また、姉妹校にはアニメーション学科がある学校もあり、そこで制作したオリジナルアニメへのアフレコなどを行うこともあります。

3つ目は、高レベルの実践ができる点です。

先述したように、オリジナルアニメへのアフレコを行うこともあります。

この際には実際にオーディションを行ってキャスティングを決めるので、役を演じる際に求められる役への理解や役作りといったことも在学中に必要となってきます。

学生時代からこれを経験しておくことで、プロへと進んだ時にも慣れた状態で臨むことができます。

また、放送・映画学科が制作した映画やCMにもナレーションとして出演できることもあります。

声優の仕事としてはアフレコなどがメインですが、ナレーションなどでニュースにキャスティングされることもあるので、現場に即した経験ができます。

これらの実践レベルの経験は、プロになるための覚悟などでも活きてきます。

4つ目は、レベルチェックオーディションと呼ばれるものです。

声優として事務所に所属したり、仕事を獲得するためには、オーディションの場で高い評価を得られるようになる必要があります。

九州ビジュアルアーツではこのオーディションのために、年に3回レベルチェックオーディションを実施しています。

ここで自分の状態を把握することで、弱点を確認したり、ステップアップを実感できるようにしています。

また、人気声優を招くこともあり、アドバイスをもらえる機会もあります。

福岡スクールオブミュージック&ダンス専門学校

福岡スクールオブミュージック&ダンス専門学校は福岡市博多区にある専門学校です。

音楽やダンス、エンターテイメント界でデビューする人材を育成していて、41もの多彩なコースがあります。

学科

福岡スクールオブミュージック&ダンス専門学校には、音楽プロデュース科、プロミュージシャン科、ダンス&アクターズ科、商業音楽科、の4つの学科があります。

音楽系の学科が多いですが、声優になるためのコースも用意されています。

声優になりたい場合には、ダンス&アクターズ科の声優アクターワールドを選び、声優コース、声優アーティストコース、声優&舞台俳優コースの3つのコースの中から選ぶことになります。

声優コースは表現力などを磨き、声の俳優である声優を目指すコースです。

声優アーティストコースは声優としての表現力や演技力だけでなく、歌唱力も兼ね備えたアーティストを目指すコースです。

最近では声優でも主題歌などを歌ったり、演じているキャラクターの名義でCDデビューすることも多いので、それらにも対応できます。

声優&舞台俳優コースでは、声での演技や表現だけでなく、実際に演じることができるようにするためのコースです。

声だけでなく自分で実際に演じることができるので、仕事の幅が広がります。

特徴

福岡スクールオブミュージック&ダンス専門学校の一番の特徴は、企画プロジェクトと呼ばれるものです。

実際に第一線で活躍する企業などと共になにかしらのプロジェクトを実践する授業になります。

実際にプロの方と共に動くことで現場の空気などもわかりますし、実践力なども磨かれていきます。

この企画プロジェクトは乳学力後の1年次から取り組んでいくことになるので、卒業するまでの間に様々なプロジェクトに携わることになります。

2つ目は、Wメジャーカリキュラムと呼ばれるものです。

これは、自分が入学したコースだけでなく、他のコースの授業も履修することができるシステムになります。

自分のデビュー先、就職先に関わらない分野を受講することで、自分自身の幅を広げることができます。

選択される授業は人それぞれなので、一人ひとり独自のカリキュラムで学生生活を送ることができます。

3つ目は、幅広いコース選択です。

声優としての演技力や表現力は当然ですが、同時に歌や実際の演技について学ぶことができるコースもあります。

最近では声優の仕事も幅広くなっていて、アフレコやナレーションだけでなく、歌ったり、実際にライブをしたりということも増えてきています。

声優としての演技だけでなく他のことを学ぶことができるコースがあることで、そういった場合への力も磨くことができるようになっています。

特に音楽関係に関しては、この学校がメインで扱っていることでもあるので、設備なども充実しています。

ESPエンタテインメント福岡

最後に紹介するのはESPエンタテインメント福岡です。

この学校は福岡市中央区にある専門学校です。

世界的にも有名なギターメーカーである(株)ESPが母体となっています。

学科

ESPエンタテインメント福岡には、音楽アーティスト科、声優芸能科、音楽芸能スタッフ科の3つの学科があります。

声優を目指す際に進むことになる声優芸能科には、声優養成コース、声優アーティストコース、俳優養成コースがあります。

声優を目指す人は声優養成コースか声優アーティストコースのどちらかに進むことになります。

声優養成コースでは、声優が今必要とされていることを学びます。

声優アーティストコースは、声優としての演技だけでなく音楽的な活動もしていきたいという人に向けて、歌い手としての技術も身に着けることができます。

特徴

ESPエンタテインメント福岡の一番の特徴は、同校が掲げている「超現場主義」です。

1年次から現場を体験する機会が非常に多くなっています。

アニメ、CMナレーション、イベントの影ナレーション、舞台・ドラマ・映画のエキストラ、プロの俳優との合同舞台ワークショップ、生放送のラジオ番組などその現場は様々です。

実際に現場を体験することで、学生にも現場が「今」必要としていることがわかるようになり、何を学べばよいのかもわかるようになっていきます。

また、現場で参加した作品は後日に講師と共に確認しながらフィードバックも行ってくれます。

そのため次につなげていくことができます。

これらの現場主義は、実践を多く積みたいという人にはおすすめの環境になるでしょう。

2つ目は、オーディションへの参加です。

ESPエンタテインメント福岡では1年次から事務所などのオーディションに参加できるように、現場で求められている最新のことを身に着けることができます。

先に紹介したように学生も現場に出ることになるので、それらを現場の空気からも知ることができます。

まとめ

福岡県にある声優についての専門学校を紹介してきましたが、それぞれに特徴があるということを知ってもらえたでしょう。

これらの学校は、決して東京にないから就職率が劣っているというわけではありません。

そのため、これらの学校に進んでも声優への道を進むことができます。

一番大事なのはどの学校に行くかではなく、学校で何を学ぶかです。

自分の学びたいことを踏まえた上で学校を選んでみてください。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.esp.ac.jp/fukuoka/
https://www.fsm.ac.jp/
https://www.kva.ac.jp/

カテゴリー: 声優専門学校